★札幌のボキボキしないやさしい整体 ★地下鉄すすきの駅1番出口すぐ ★痛みのない施術でお子様も安心!オスグッド・有痛性外脛骨・三角骨障害・シンスプリント・腱鞘炎・腰痛・坐骨神経痛の短期改善・実績豊富。自信あります!                                                
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)

こんにちは!

いつもお立ち寄りくださいまして有難うございます。

碧い宙院長の高岡です。



前十字靭帯を断裂してしまうと

もうしばらくの間は現場復帰できなくなってしまいますよね。

ですから何とか怪我を回避させなければいけません。



前十字靭帯断裂



スポーツ選手の怪我は時間の経過とともに普通に回復していくものもありますが、

なかなか治る気配のないものや、

一度良くなっても動くとまたすぐに再発してしまうものが多くあります。

このケースは非常に多いです。




怪我をしやすいのは身体の柔軟性がない、特に関節の靭帯に伸縮性ない人が多いのは間違いありません。

身体が硬い人でも毎日ストレッチはかかさずやっているはずですが、何故か一向に硬いままだったりしますよね。

スポーツ選手なのに、毎日ストレッチは欠かさずやっているのに、何故硬いのか?


「生まれつきでしょ?」


と思われる方が多いと思いますが、

違うんです。

じつは硬くなってしまった原因があるんです。

人によって原因の中身の事情は違いますので、

詳しい内容までは書けませんが・・・。


その原因は解決できるものが多いです。

当然解決されれば、

今まで硬かった身体に柔軟性が戻ってきます。


そうなると前十字靭帯も切れにくくなるんです。


要するに、


靭帯や筋肉は、

切れやすい紐(伸びないひも)になっているとダメで、

伸縮性のあるゴムの状態を維持できると、

どんなにハードな動きをしても切れないわけです。


靭帯が伸縮性の無い状態のままで、怪我をしないためのトレーニング法を行っても怪我は回避できないと思いますよ!



怪我をしやすい、半月板や靭帯を損傷しやすい方は、

お問い合わせください。

原因をズバリ教えてさしあげます。



もちろん改善も可能です。






札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
2013/11/22 16:30 その他の症状 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jbmaoisora.blog.fc2.com/tb.php/482-f451fa9b
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。