★札幌のボキボキしないやさしい整体 ★地下鉄すすきの駅1番出口すぐ ★痛みのない施術でお子様も安心!オスグッド・有痛性外脛骨・三角骨障害・シンスプリント・腱鞘炎・腰痛・坐骨神経痛の短期改善・実績豊富。自信あります!                                                
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
ドライマウスの症例です

20代 女性

主訴 ドライマウス(口腔乾燥症)


「1年前から口の中が乾くようになって辛いです。
 仕事中もペットボトルに入れた水が欠かせません・・・」

このドライマウスという症状。
インターネット上で展開されている解説によりますと、国内潜在患者数は800万人。

原因として考えられるものは
・加齢
・緊張やストレス
・病気治療や藥の副作用  など

治療としては、水分補給や口腔湿潤剤の使用などの対処療法の他、ガムを噛む、耳の下マッサージといったものまで色々と紹介されております。
「日々リラックスして過ごし、ストレスを溜めないように!」というものも・・・・・。
これは大変最もらしいのですが、具体的にどうすれば・・というところで、良く分からないな~・・と個人的には思います。

碧い宙の考え方としましては、この症状を引き起こしているのは「唾液腺の凍結」。
つまり、唾液腺周囲の筋肉異常によって唾液腺が狭められ、唾液が出にくくなっている状態です。

ですので解決の方法は、唾液線周囲の筋肉異常の解消です。
(筋肉異常が起きている原因を順に探っていきますので、連動ポイントは確認しますが耳の下はマッサージしません・・・。)


この日の施術結果は

「来た時よりも唾液が出てます・・口の中、潤ってます!」

とのことで、原因もご理解いただきひとまず安心。
様子を見ていただくことになりました。

今後の展開がありましたら、追って報告いたします!



ありがとうございました。






痛みを取る札幌の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jbmaoisora.blog.fc2.com/tb.php/462-7e4c5c88
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。