★札幌のボキボキしないやさしい整体 ★地下鉄すすきの駅1番出口すぐ ★痛みのない施術でお子様も安心!オスグッド・有痛性外脛骨・三角骨障害・シンスプリント・腱鞘炎・腰痛・坐骨神経痛の短期改善・実績豊富。自信あります!                                                
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
有痛性外脛骨

中学生 女子 バスケットボール

主訴 有痛性外脛骨



先日、お母様からお電話をいただきました。

お話は、バスケットボールをやっている娘さんのこと。

母)「娘が有痛性外脛骨で、いろいろやってもダメみたいで・・ホームページ見たんですけ   
   ど・・そちらでは1回で治るんですか?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 」


見させていただく前から「治りますよ!」などと、いい加減なことを言えるはずもありません。

その場は「1~2回で改善可能」である事をお伝えし、お越しいただくことに!


予約当日、お母様と一緒にご来院。

お二人から、お話を伺いますと・・

・患部は左足内側くるぶしの斜め下(土踏まずの上)の骨。
・4月初めからの痛み。
・病院では運動を控えることと、塗り薬。
・治療院では電気と下腿のマッサージ、テーピングを定期的に継続。
・患部を軽く指先で押す程度でも痛みがあり、ジャンプも強くは出来ません。

2ヶ月以上たつけれど、部活を休まないせいか、初めよりも痛くなってしまったそうです。
試合が近いので、何とか・・・ということです。

私)「電気かけたり、マッサージすると、その時は少し楽になる?」

患)「なります・・。自分でもお風呂でふくらはぎとか揉んでました・・」


少し休んだり、患部周辺のマッサージで痛みが無くなり、競技に復帰出来ればそれはそれで良いのですが、いつまでたっても良くならないという場合は、その対処では治りませんということです。

言い換えると、「患部の周辺に痛みの原因はありませんよ!」と、言うことになります。


などなど説明しながら、部活の状況などを聞きながら、患部との連動ポイントから始めた施術も順調に進み、無事終了。

施術の度に痛みに変化が出るので、患者さんには分かりやすかったようです。

・指で押しても痛くない。
・つま先でジャンプしても大丈夫。
・階段の駆け上がりもOK。

で、お母様もちょっとビックリ?とても喜んでいただけました。


もう大丈夫だと思います。
聞き忘れましたが、これからの試合となると中体連でしょうか・・・?

力を全部出して、思いっきりやってください。


ありがとうございました。



<追伸>

10月より「松山総合整体院」を開院いたしました。
碧い宙同様、よろしくお願いいたします。

新店舗はこちらから!



有痛性外脛骨の痛みを取る札幌の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
2013/06/20 20:00 有痛性外脛骨 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jbmaoisora.blog.fc2.com/tb.php/429-839bdef1
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。