FC2ブログ
★札幌のボキボキしないやさしい整体 ★地下鉄すすきの駅1番出口すぐ ★痛みのない施術でお子様も安心!オスグッド・有痛性外脛骨・三角骨障害・シンスプリント・腱鞘炎・腰痛・坐骨神経痛の短期改善・実績豊富。自信あります!                                                
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
FC2カウンター
中高年の方々、特に女性に多いのが膝の内側の痛みです。

原因は?といいますと、まず第一に言われるのが老化です。
そして半月板の損傷・靭帯の損傷・体重が重すぎるから・歩き方が悪いから・・・などと言われる様ですが、その考え方は本当に正しいのでしょうか?

いえいえ、上で正しいのは靭帯の損傷くらいなのもで、他はほぼ間違いです。

「膝の軟骨(半月板)がすり減っているから関節の骨と骨とがぶつかり合って痛みが出るんです。だからクッション性を高めるためにヒアルロン酸を注射しましょう!」

という話しをよく聞きます。

でも80歳や90歳の高齢者の方達の中にも膝の痛みの無い人はたくさんおります。

そういう方達は膝の軟骨はすり減っていないのでしょうか?

そんなことはないはずです。
高齢者であれば減っていないわけがありません。

なのになぜ痛くない方がいるのでしょう?

「はじめから半月板の損傷と膝の痛みとは関係ない!」

と言ってしまえば説明がつき安いのではないでしょうか。

JBMでは膝関節の患部には直接アプローチせずに膝痛を改善してしまいます。

なぜ患部に直接アプローチしないのに痛みが消失してしまうのでしょう?

それはもともと半月板の損傷と膝の痛みとは関係がなく、膝自体ではない他の部分(膝との連動部位)や○○などに痛みの原因があるからです。

要するに、膝自体に痛みの原因は無いのです。
(打撲など外傷があれば別ですが。)

半月板がすり減っていても、体重が重くても(重さにも限界がありますが)、歩き方などにも痛みの原因は無いのです。

JBMでは何十回も何ヶ月も何年も治療に通っていただくことはありません。

何十回も同じ治療をしていて改善しないのであれば原因にアプローチできていないから改善していないわけですから、それを何年続けようと治るわけがありません。

原因は人それぞれで、人によっては複数の原因が重なっている場合もあります。

原因をとらえることが出来ればその場で痛みが取れてしまいます。

その場で!

それがJBMの結果です。

膝痛でお困りの方はJBMにご相談ください。

札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
2012/04/22 14:45 膝の症状・膝の痛み TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jbmaoisora.blog.fc2.com/tb.php/37-bf21445b
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR