FC2ブログ
★札幌のボキボキしないやさしい整体 ★地下鉄すすきの駅1番出口すぐ ★痛みのない施術でお子様も安心!オスグッド・有痛性外脛骨・三角骨障害・シンスプリント・腱鞘炎・腰痛・坐骨神経痛の短期改善・実績豊富。自信あります!                                                
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
FC2カウンター
image3004.png


中学1年生 男子 サッカー

主訴 左右オスグッド

小学校3年生からサッカーをやっている。

始めは右が痛くなって、今は左も痛い。

左は今年の1週間くらい前から痛くなってきた。

冬場はスノーボード。

ボードをやっていると痛くなってくる。

スキーもやっている。

転んで膝をぶつけることが多いのでそれが原因かもしれない。

中学生になったのでそろそろ部活が始まる。

小学生の時は1回の練習は2時間くらい。

土日に試合があった。

膝下は押すと痛い。

お母さんにも押してもらって圧痛が強いことを確認していただきました。

屈伸は90度までいかないくらいのところで痛い。

階段の上り下りも痛い。

整形外科では「骨の成長の方が早すぎるため・・・」ということを言われた。

「整形外科の先生は、成長期で急激に身長が伸びるから痛みが出る・・と言うんですが、でも急激に身長が伸びる子でも痛くならないこの方が多いですからね~。」とお話しすると、

「そうなんですよね~私もそう思ったんですけど、お医者さんがそう言うもんですから・・・」とおっしゃってました。

わかってらっしゃる!

「それでは、成長期とオスグッドは関係ないところをお見せしますので、90分ほどお待ちください! 結果が出れば原因がわかりますので、終わったらお話いたします。」と言って施術に入りました。

※治れば成長期とは関係ないことになりますから。

触ってみると、中学1年生なのに腹筋がガチガチでかなりくすぐったい。

大腿部全体が張っている状態でくすぐったがって触らせてくれない。

施術をすると身体がにげてしまう。

※くすぐったいのにも理由があります。問題が解決されれば、くすぐったいのも消失します。


筋肉の張りは、揉んで治るものと揉んでも治らないものとがあります。

その前にこの子の場合、最初から揉み療法は捨ててかからなければいけません。

そこで今回は始めから脳科学療法でアプローチ。

3回続けて施術していくと、3回とも強い改善反応がありました。

ここで起き上がってもらいます。

(いけそうな手ごたえです!)

「ベッドの上でいいですから、ゆっくり正座するような格好をしてみてください。無理しなくていいので、出来るところまでゆっくり座ってみてください。」と伝えると、

「あれ!座れます。でも座れなかったんですよ!本当に正座はできなかったんですよ!」と焦る患者さん。

「そんなに焦らなくてもいいですよ。曲がらなかったんですよね~。見せてもらったから嘘じゃな事はわかってますから。」

という会話になってしまいました。^^

そうなんです、原因がわかってしまえば、そしてそれを解決できれば膝は急に曲がるようになってしまうのが、オスグッドの特徴でもあるんです。

結果、

お母さんが押しても痛くない

階段上り下りOK

屈伸OK

正座OK


こんな感じで、この患者さんのオスグッドも改善に至りました。


もうすぐ中学の部活が始まるそうですが、緊張するでしょうね~!

私の時代は怖い先輩が多かったんで、ヤキも入れられるし、毎日が緊張の連続だったことを思い出しました。



札幌市中央区のオスグッドが治る整体院
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
アクセス
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jbmaoisora.blog.fc2.com/tb.php/365-427484b6
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR