FC2ブログ
★札幌のボキボキしないやさしい整体 ★地下鉄すすきの駅1番出口すぐ ★痛みのない施術でお子様も安心!オスグッド・有痛性外脛骨・三角骨障害・シンスプリント・腱鞘炎・腰痛・坐骨神経痛の短期改善・実績豊富。自信あります!                                                
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
FC2カウンター
middle_1256894371[1]

主訴 左右のお尻から足先まで痛みとしびれ

2年半前から右のお尻にしびれと痛みがあり、一ヶ月前から左の症状がきつくなってきた。

十数年間立ち仕事をしていた。

以前ヘルニアの手術をしたことがある。

病院ですべり症もあると言われた。

ストレスはあまり感じてないが、以前のストレスはいくつか思い当たる事もある。

今となっては特に気になってることはない。

以前やっていた仕事では、かなりのストレスがあり、体調を崩した。

追突事故でムチ打ちになり、20年近く首が痛かった。

冬場滑って転んで尾てい骨を打って痛みがひどく、寝る時も手伝ってもらわないと痛くて横になれなかった。

現在は仕事はしていない。

身体が疲労する様なことはしていない。

以上の情報から原因を追究。

臀部から足にかけての痛みやしびれの原因はストレスによるものが多く、それ以外では臀部の筋肉に影響している他の部位の筋肉の疲労による「連動異常」が原因となります。

筋肉の連動異常であれば、どんなに大きな痛みであっても、原因の筋肉を弛緩させるだけでその場で痛みは解消されます。

もし、連動部位の筋肉を弛緩させても症状に変化が起こらなければ、あとはストレス性の痛みと言うことになります。

患者さんには施術前にそれらを説明させていただいてから施術をはじめました。

施術開始。

右臀部との連動部位にアプローチ。

連動部位には圧痛があったが、そこを施術しても臀部の痛みに変化なし。

施術前にストレスの話をしていたので筋肉で反応がなかった時点ですぐにストレス治療に入る。

はじめに仕事をしていたときのストレスを抜くと、明らかに痛みが軽減。

2つ目の○○の時のストレスを抜くと更に痛みが軽減。立っていても痛かったのが今は痛くないけど、反ると仙骨の左側に痛みを感じる。右のお尻は前屈すると痛みはあるけど痛みがかなり小さくなってきた。

3つ目の○○に対するストレスを抜いたあと、いろいろ思ったことを話してくださいました。ここで痛みは更に軽減するも完全には消失せず。

今回は肉体的には右臀部との連動の数箇所を触ったけど、痛みが軽減するなどの反応は無くて、ストレス治療をしたところで痛みが軽減したのでストレス性の痛みだった。ということと、残っている痛みはまだストレスが残っている。という意味であることをご理解いただき、続きは次回とさせていただきました。

このように、はじめに説明させていただいたとおり、臀部の痛みに限りませんが、痛みは肉体的疲労からくるものだけではなく、精神的ストレスからくるものもありますので、その場合は薬で治ることはありません。

この様な症状でお困りの方はどうぞご来院ください。

一緒に原因を突き止めて、改善のお手伝いをさせていただきたいと思います。

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
2012/04/22 14:06 腰の痛み TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jbmaoisora.blog.fc2.com/tb.php/31-87d59240
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR