FC2ブログ
★札幌のボキボキしないやさしい整体 ★地下鉄すすきの駅1番出口すぐ ★痛みのない施術でお子様も安心!オスグッド・有痛性外脛骨・三角骨障害・シンスプリント・腱鞘炎・腰痛・坐骨神経痛の短期改善・実績豊富。自信あります!                                                
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
FC2カウンター
middle_1258191151[1]

70代男性

主訴 腰痛

2日前から急に腰が痛くなり、横になる時も起き上がる時も痛みが出る。

痛くなる前は全く痛みは無かった。

「普段は椅子に腰掛けているが、最近は椅子の上に正座をして仕事をしていて、少し腰をひねった体勢の悪い状態でやっていたから腰痛になったのかもしれない」とのこと。

重いものを持つ様な作業はしていない。

以上のお話しから原因が特定されました。

施術開始。

狙いどころはすでに決まっております。

はじめに触った左の腰との連動ポイントにはそれほど圧痛は無く、次に触った右の腰との連動ポイントには激痛が出てきました。

ということは、患者さんは仙骨の上の方を押さえて腰の痛みを訴えておりましたが、ピンポイントでは右の腰の方が痛かったものと思われます。

右の腰との連動ポイントの激痛を処理したあとで起きてもらいましたが、さっきまであった腰の痛みは出ませんでした。

ここまで2分です。

結果的に考えてみると、正座が原因です。

一般的には正座は腰痛にいいものと思われているようですが、それは違います。

正座をすることによって、ダメージを受けてしまうポイントには、腰痛を引き起こしてしまうポイントが含まれておりますので、そこに異常が発生することによって、そことの連動ポイント(腰部)に痛みが発生してしまうのです。

今回も、正座をすることによって受けた○○のポイントのダメージを解消しただけで、腰痛が消えてしまいましたので、患者さんが言われていた「正座をしてひねった状態が続いていたから・・・」ということと腰痛とのつながりは無いということになりますね。

正座はほどほどに!

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
2012/04/22 14:01 腰の痛み TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jbmaoisora.blog.fc2.com/tb.php/30-60495b81
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR