FC2ブログ
★札幌のボキボキしないやさしい整体 ★地下鉄すすきの駅1番出口すぐ ★痛みのない施術でお子様も安心!オスグッド・有痛性外脛骨・三角骨障害・シンスプリント・腱鞘炎・腰痛・坐骨神経痛の短期改善・実績豊富。自信あります!                                                
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
FC2カウンター
記事top顔写真


数年前までは有痛性外脛骨という病名はあまり聞きなれなかったと思いますが、最近はオスグッドシンスプリントなどと同じくらいの勢いで患者さんが増えております。

オスグッドもシンスプリントも同じですが、有痛性外脛骨も以前は病名を知らないままJBMの連動ポイント(原因部位)の施術だけで普通に改善できておりましたので、普通の痛みと同じような感覚で難しい症状とは思わずに施術しておりました。

その頃は確かにそれで普通に改善できておりましたので・・・。

でもここ数年、ご来院される患者さんは、肉体的施術だけでは改善されないケースが増えてきております。

スポーツの種類でいうと、サッカー、野球、テニス、バスケット、バレーボールなどが非常に多いです。

バレエの患者さんには三角骨障害の方が多いですね。

どの場合も、以前はJBMの手技による施術のみで普通に改善できたのですが、最近はストレス治療がないと改善されないケースがほとんどです。

10年前~20年前と比べて何が変わってきているのでしょう?



中学3年生

サッカー部 主将

主訴 右足有痛性外脛骨

今年の8月はじめ位からの痛み。

左足は痛くない。

患部の隆起は無いが、歩いたり押したりしたら痛い。

走り初めと止まる時に負担がかかりかなり痛いので、特に急停止するときは痛くない様な形で止まらなければいけないため、動きが不自然になる。

とのこと。

問診では肉体的な問題ではないことを確認できたが、一応患部に影響する全身の筋肉異常があるか?を確認するために全身施術に入る。

そして全身施術の結果、特に異常硬結は見つからず、患部に大きな変化がないため原因は肉体疲労ではないと判断し、次の治療に移る。

治療時間は60分。

この時点で残り25分。

問診を続けていくと5つの原因が浮上。

こちらからの指摘にマッチする問題があったことを話してくれました。

(問題の内容は聞いておりませんが、「確かに指摘されるようなことがあった」ということをおしえてくれました。)

ここからストレス治療に入ります。

ストレス治療1回目終了時点で患部を押して確認してもらいました。

「まだ痛い」

立ち上がってもらいました。

「足首が楽」

屈伸してもらいました。

「まだ痛いけどいつもよりしゃがみやすいです」

このあと7回のストレス治療。

押した時の痛みがこの時点で無くなりました。

立ち上がっても

「痛くない。」

階段上りでも

「大丈夫!」

となり、お父さんとお母さんにも確認していただいて、終了としました。


「良かったね。問診に協力してくれたから治りが早かったよ!」

と言うと

笑顔で「肩が凄く楽になりました!」

とのこと。

そうなんです、ストレス治療は足だけではなく、肩こりや頭痛や呼吸まで楽になるんです。


喜んでいただけて良かったです。




札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
アクセス




2012/11/05 17:23 有痛性外脛骨 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jbmaoisora.blog.fc2.com/tb.php/237-a99ed4cc
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR