FC2ブログ
★札幌のボキボキしないやさしい整体 ★地下鉄すすきの駅1番出口すぐ ★痛みのない施術でお子様も安心!オスグッド・有痛性外脛骨・三角骨障害・シンスプリント・腱鞘炎・腰痛・坐骨神経痛の短期改善・実績豊富。自信あります!                                                
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
FC2カウンター
middle_1310202918[1]_convert_20120714122323

上の写真は、脊柱側湾症の患者さんの背骨の曲がり具合を数値で示したものです。

左から37度、45度、100度となっております。

今回ご来院された中学生の女性の患者さんは、真ん中の写真くらいの曲がり具合でした。

曲がり具合を写真に撮っておけば良いのかも知れませんが、当院では触診と付き添いの方に見て確認していただいてから施術を進めていき、改善の状況をまた付き添いの方に確認していただく方法をとっております。

脊柱側湾症は、大きく歪んでいても、ご本人にわかるような痛みなどの症状は無いことが多いため、他の方に歪み具合と改善具合を確認していただく方がわかりやすいのです。

そのため写真はございませんので上の写真を使わせていただきました。

今回の患者さんは45度くらいですが、45度でも相当な歪みです。

どうしてこうなってしまったのか?というところですが、原因が分かればこれだけ歪みがひどくても改善可能です。

まだ一般的には脊柱側湾症の原因はわかっておりませんが、JBMでは始めから原因を一つに絞り込んでアプローチしていきます。

まずは真っ直ぐ立ってもらい、歪みを確認。

服の上からでも大きく歪んでいるのが分かるくらいです。

そして右の肩甲骨が後方に突出しており、捩れもあります。

次に仰向けになっていただき確認。

胸のところと腰のところに歪みがあるのが誰の目からも見て取ることができるくらいです。

施術開始。

JBMではこの様な歪みに対してボキボキやりません。

これだけ歪んでしまっていれば、ボキボキやっても真っ直ぐにはならないからです。

JBMでは無理な力を加えることはせず、歪んでしまった原因を突き止め、原因に対してアプローチしていきます。

今回も狙い通りの所にちゃんと(ご本人にも気が付かないところに)原因が複数ありました。

「これなら歪んで当然」と思えるくらいのものがありました。

カウンセリングも含めての治療となりました。

この間、3回確認のため起きていただき、最後4回目に起きていただいた時には、肩甲骨の突出がまだ残っておりましたが、背骨の上部の極端な歪みがほぼ取れて、なだらかな大きなカーブが残る程度になりました。

それを付き添いのご両親に見て確認していただきました。

背骨を触診するまでもなく、見た目だけで改善がわかるくらいの大きな変化があり、ご両親も「1回でここまで・・・!」とビックリされておりました。

まだ肩甲骨の突出は若干残っておりましたが、ご本人は「肩甲骨の辺りも張りが取れて楽になりました」とのことでしたので、次回に期待となりました。

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jbmaoisora.blog.fc2.com/tb.php/19-531a4225
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR