FC2ブログ
★札幌のボキボキしないやさしい整体 ★地下鉄すすきの駅1番出口すぐ ★痛みのない施術でお子様も安心!オスグッド・有痛性外脛骨・三角骨障害・シンスプリント・腱鞘炎・腰痛・坐骨神経痛の短期改善・実績豊富。自信あります!                                                
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
FC2カウンター
記事top顔写真

20代 男性 

大学生 柔道部

主訴 左手人差し指と中指の痛み

痛くなってから半年が経過

練習は休めないので、練習の時はテーピングをしているが、テーピングをしていてもあまり痛みは変わらない。

整形外科では「骨には異常は無い」とのこと。

指が曲がりづらい。

最近は触れるだけでもかなり痛い。

それにしても半年間も、柔道の様な過酷な練習をよくこの状態でやってきたものです。

柔道は相手の道着を掴まなければいけない競技なので、この状態での練習はかなり辛かったと思います。

今回は、ハードなトレーニングをしているスポーツマンにありがちなタイプ?の指の痛みでした。

思ったとおりのポイントの筋肉に、指の腫れと痛みを出す頑固な筋肉異常がありました。

そこの筋肉は指とは関係ない部分と思われているため、指を痛くしたスポーツマンは、「今は痛いところ以外の筋肉を中心に鍛えよう!」とするため、知らず知らずのうちにその部分の筋肉をガンガン鍛えてしまうため、今回の様に悪化してしまうこととなってしまったようです。

今回の患部は左手の人差し指と中指でしたので、一番の原因部位は上半身の左側の○○に頑固なやつがありました。

そこを仰向けとうつ伏せと立位で取り残しの無いように弛緩させていくと、うつ伏せの時点でほぼ痛みも可動制限も消失しました。

トレーニングで筋肉をつけるのは大事なことなのですが、脱力した状態では筋肉は柔らかくなくては良い筋肉とは言えません。
脱力しているのに硬い筋肉は、怪我をしやすいですし、疲れやすいですので、柔軟性を高める練習にも時間をかけた方が良いと思いますよ。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)

アクセス
2012/08/08 20:01 手の痛みやしびれ TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jbmaoisora.blog.fc2.com/tb.php/150-7972cce4
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR