FC2ブログ
★札幌のボキボキしないやさしい整体 ★地下鉄すすきの駅1番出口すぐ ★痛みのない施術でお子様も安心!オスグッド・有痛性外脛骨・三角骨障害・シンスプリント・腱鞘炎・腰痛・坐骨神経痛の短期改善・実績豊富。自信あります!                                                
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新トラックバック
FC2カウンター
middle_1255667602[1]

高校生 女子

バスケットボール

主訴 右足首の捻挫と腰痛

昨年の春、オスグッドで遠いところからはるばるご来院くださった高校生の患者様。

今回ご来院された時に前回のオスグッド状態を聞いてみると、

「あれ以来オスグッドは大丈夫です。あの時の試合にも間に合ったので助かりました!」とのことでした。

良かったです。自信はあったのですが、ちょっとだけ心配だったので、これで安心できました。

「それで今回は?」と聞くと・・・

「今回は右足だけなんですけど、練習中右サイドへのステップをした時に、もう疲れていたのもあって、そのまま右側に倒れてしまって、足首をグキッって捻挫してしまったんです。レントゲンでは骨には異常なしだったんですけど、それを確認したあとはここに来た方が早いかな~と思って来てみました。それとついでに時間があればでいいんですけど、最近練習できないほどではないんですけど腰も痛くって・・・。」

とのこと。

足首を捻挫したのは8日前。

転倒した際、他にダメージを受けたところはない。

足首は腫れて、少し腫れはひいたけど、動かしたり立ったり体重をかけると痛い。

「腰痛が出たのは、足首を捻挫した前後あたりかもしれない?」とのこと。

以上の情報から施術開始

患部は足首と腰。

法則的に考えると一番の狙いどころは1つになります。

その前に、バスケットボールの動きも考え、確認すべきポイントが3ヶ所。

その3ヶ所のうち1ヶ所に強い圧痛を発見。

そのあとで一番の狙いどころを触診してみるとかなりの硬結状態。

それらのポイントを緩めていき、圧痛が消失したのを確認したあと、横向きに寝た状態のまま足首を動かして確認してもらうと「さっきからすでに痛みが変わってきてました。重い感じが抜けて行くのがわかりました。今は動かしやすいです。」とのことなので、起きてもらって確認してもらうと、

「痛くないです。足首が動かせます。しゃがんでも足首は痛くないです。
ジャンプしてみてもいいですか?」

「無理しない程度にね・・・」

小さくジャンプしながら「これくらいなら痛みは無いです。」

とのこと。

「OKですね!でもまだ無理して急に全力を出さないようにしてください。それと、ところで腰の痛みには変化無いですか?まださっきと同じくらい痛いですか?」

「あっ忘れてました!でも痛くないです。さっきは横になる時も少し痛かったんですけど、今は全然大丈夫です。」

とのことでOK!

「腰痛の原因も連動異常で痛みが出ていた。だから○○と○○を施術しただけで腰の痛みも解消できたんです。」ということを説明して終了。

大変喜んでいただけました。

遠いところから来て下さったこともあり、期待に応えることが出来てよかったです。

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
スポンサーサイト



2012/04/26 10:49 捻挫 TB(0) CM(0)
middle_1264927993[1]

主訴 右足首の捻挫

バスケットボールをやっている。試合が近いので練習を休めないこともあり足首の痛みがなかなか取れない。

とのことで知り合いの紹介ではるばる遠方からご来院。

「足首の捻挫はバスケットボールでの怪我ではなく、雪道でひねってしまった。しばらく整形外科に通っているが、まだ痛いし試合は近づいてくるし・・・」とのこと。

「いつも練習中はテーピングをしているが、もっと良いテーピングの仕方を聞きたくて・・・」とのことでしたので、最後にテーピングをすることにして、まずは施術開始。

足首の動きを確認するために(自分で)動かしてもらうと、足首前面外側の関節部分にどの角度でも痛みがあるとのこと。

次に(自分で)患部を押して一番痛いところを確認してもらうと、「ここら辺(患部周辺)は痛いけど、やっぱり関節部分が一番痛い」とのこと。

JBMの基本としてまず反対側の上半身のポイントを確認したが目立つ異常は無し。

次に患部と同側の上半身のポイント(足首・関節・足の甲との連動ポイント)に移動。

ここで筋肉異常と圧痛を確認。

そのポイント周辺の異常を処理。

そして、反対の背部にも圧痛を確認し、そちらも処理。

「足首を動かしてみましょうか? どうですか? さっきより変わってませんか?」

「ぅお~~~っ!動かせる~~~っ! この体勢では痛くないかも?」

「ちょっと立ってみましょうか。」

「ぅお~~~っ!大丈夫かも~~~!え~~~!なんで~~~?」

「でもまだ1回目なんで、あまり無理しないほうがいいかも知れないんで、せっかく痛み取れたんだからね! とりあえずテーピングの仕方をやりましょうか!」

とのことで終了。

今回は、いままでの足首のねんざに対するアプローチ法は行わず、連動ポイントのみの施術にしてみましたが、結果こちらの方が早かったです。

試合頑張ってください!

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
2012/04/26 10:27 捻挫 TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR