FC2ブログ
★札幌のボキボキしないやさしい整体 ★地下鉄すすきの駅1番出口すぐ ★痛みのない施術でお子様も安心!オスグッド・有痛性外脛骨・三角骨障害・シンスプリント・腱鞘炎・腰痛・坐骨神経痛の短期改善・実績豊富。自信あります!                                                
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新トラックバック
FC2カウンター
middle_1283392536[1]_convert_20120714101543

左膝が腫れちゃって正座も出来なくなりました。
右の膝はあるけれど左のお皿は見えません。

何か運動やってますか?

テニスとジョギングをやってます。
膝の痛みが出てからは運動は何も出来ません。
歩くことすら辛いです。

最近仕事や生活で変わった事などありますか?

最近仕事の環境が変わったばかりなのですが、
膝に負担がかかるほど激しい動きはありません。

ちょっと診せてくださいね。
一番痛いのどこですか?

内側のここが痛いです。

内側のここが痛いなら○○○の負担ありますね?

○○○の負担はあるけれど、それで膝が腫れますか?

実際大きく腫れますよ。痛いですから腫れますよ。
動きも制限されますよ。

そんな話しは初めてです。聞いたことがありません。
どこの病院行ったって、そんなことなど言われません!

施術してみればわかります。

(施術中)・・・・・・・・・・

ちょっと起きてみてください。ゆっくり起きてみてください。

middle_1283393079[1]_convert_20120714101611

立って歩いてみてください。ゆっくり歩いてみてください。

来る時大変だったのに今は普通に歩けます。
痛みは少しありますがひねらなければ大丈夫。
膝も細くなりました!
話も聞いてもらったら身体も楽になりました。

結果的に原因は○○○の負担でしたよね!
その負担が無くなれば痛みはちゃんと消えますよ。
腫れもちゃんと引きますよ。

へ~っ、そうなんだ~~~!ひっどいもんですね~~~!

あ~よかった~d(^▽^)

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
スポンサーサイト



2012/04/22 16:05 膝の症状・膝の痛み TB(0) CM(0)
中高年の方々、特に女性に多いのが膝の内側の痛みです。

原因は?といいますと、まず第一に言われるのが老化です。
そして半月板の損傷・靭帯の損傷・体重が重すぎるから・歩き方が悪いから・・・などと言われる様ですが、その考え方は本当に正しいのでしょうか?

いえいえ、上で正しいのは靭帯の損傷くらいなのもで、他はほぼ間違いです。

「膝の軟骨(半月板)がすり減っているから関節の骨と骨とがぶつかり合って痛みが出るんです。だからクッション性を高めるためにヒアルロン酸を注射しましょう!」

という話しをよく聞きます。

でも80歳や90歳の高齢者の方達の中にも膝の痛みの無い人はたくさんおります。

そういう方達は膝の軟骨はすり減っていないのでしょうか?

そんなことはないはずです。
高齢者であれば減っていないわけがありません。

なのになぜ痛くない方がいるのでしょう?

「はじめから半月板の損傷と膝の痛みとは関係ない!」

と言ってしまえば説明がつき安いのではないでしょうか。

JBMでは膝関節の患部には直接アプローチせずに膝痛を改善してしまいます。

なぜ患部に直接アプローチしないのに痛みが消失してしまうのでしょう?

それはもともと半月板の損傷と膝の痛みとは関係がなく、膝自体ではない他の部分(膝との連動部位)や○○などに痛みの原因があるからです。

要するに、膝自体に痛みの原因は無いのです。
(打撲など外傷があれば別ですが。)

半月板がすり減っていても、体重が重くても(重さにも限界がありますが)、歩き方などにも痛みの原因は無いのです。

JBMでは何十回も何ヶ月も何年も治療に通っていただくことはありません。

何十回も同じ治療をしていて改善しないのであれば原因にアプローチできていないから改善していないわけですから、それを何年続けようと治るわけがありません。

原因は人それぞれで、人によっては複数の原因が重なっている場合もあります。

原因をとらえることが出来ればその場で痛みが取れてしまいます。

その場で!

それがJBMの結果です。

膝痛でお困りの方はJBMにご相談ください。

札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
2012/04/22 14:45 膝の症状・膝の痛み TB(0) CM(0)
40代女性  テニス

主訴 膝痛。半月板損傷(医師の診断)

膝周辺に痛みがあり、深い屈伸ができない。
ベッドに手をついてゆっくり屈伸しても、膝の皿の下に痛みが出て最後までしゃがめない。
膝を真っ直ぐ伸ばそうとすると違和感があり、頑張っても伸びない。

主に工場での立ち仕事。
今の仕事は10年以上やっている。
仕事上、重い物を持つこともよくある。

以前痛くなった時に病院で検査してもらったところ、半月板がささくれていると診断され、注射で様子をみて治らなかったら手術しかないと言われたが、その時は長引かずに落ち着いた。

痛いのが続く時もあれば、しばらく痛くない時もある。

知り合いでも膝が痛くて手術したが良くなった人はいないので、できれば切りたくない。

今回は去年の暮れからまた痛みが強くなってきたので、ネットで調べて来てみた。

半月板が損傷しているから痛みが出るんだと医師から言われているのに、痛い時もあれば痛くない時もあるというのはおかしいですよね!

痛くない時は半月板の損傷は治っているのか?

しばらく治っていて、何かの拍子にまた損傷の状態になるのか?

JBM的には「半月板の損傷と痛みとは関係ない!」と考えます。

原因は肉体疲労か精神的ストレスしかありません。

膝に影響する全身数ヶ所の筋肉疲労を取ってあげることができれば、膝の痛みは改善されます。

それで取れなければ精神的ストレスが原因ということになります。

施術1回目

膝周辺は触らず、連動部位のみにアプローチ。

施術の結果、屈伸OK、膝の伸びOK、曲げ伸ばしで痛み無し。

となりました。

半月板はそのまま損傷状態ですが、痛みはなくなりましたので、

半月板の損傷 ≠ 痛い 

となります!

でもまだ1回目なので、時間差でどう反応が出るかが大事なところですので、明日の朝までは油断できないところです。

1日経ってまた痛みが出たとしたら「他にも痛みの原因がありますよ!」ということになりますので、次のアプローチに入ります。

2日経って痛みが出なければ、もう何をやっても痛みは出ないと思います。

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
2012/04/22 14:41 膝の症状・膝の痛み TB(0) CM(0)
オスグッドには3種類のタイプがあります。

1つ目は、患部(膝下)に付着している大腿部の筋肉が疲労して萎縮してしまったことによって膝が曲がらなくなってしまうタイプです。

この場合は、直接大腿部の萎縮した筋肉を緩めてあげたり、膝を軽くストレッチさせてあげる様な形でゆらゆらしてあげると改善されることもあります。

2つ目は、大腿部の連動ポイント(全身数ヶ所にある大腿部と連動関係にある)の筋肉の疲労によって、大腿部に連動異常が起こり、大腿部の筋肉が萎縮してしまったために膝が曲がらなくなってしまうタイプです。

この場合は、大腿部の連動ポイントの萎縮した筋肉を探し出すことができれば、簡単に改善することができます。

3つ目は、残念ながら企業秘密です!

当院に来られるオスグッド・シュラッター病の患者さんは、3つ目のタイプの患者さんがほとんどですので、一つ目や2つ目の手法では改善されない患者さんばかりです。

一般的な治療法として知られているのは1つ目のタイプです。

1つ目のタイプの場合、上記の様な手法でやっても、数回くらいで改善できると思います。

しかし、この方法では2つ目と3つ目のタイプのオスグッドはまったく改善できません。

ビクともしません。

10回その治療を受けてもビクともしない場合は、一年続けても治りません。

それは種類が違うからです。

1つ目の手法で治らなければ2つ目の手法でアプローチしなければ、それ以上頑張っても効果は期待できません。

2つ目の手法では、患部とその周辺には原因は無いということになりますので、それ以外のポイントの原因部位にアプローチしていきます。

もし2つ目の手法で効果が出なければ、今度は3つ目のアプローチ法が必要です。

オスグッドの種類は3つですので、3つ目のアプローチ法で終了です。

これでほとんどのオスグッドは改善可能だと思います。

(4つ目のオスグッドの種類が無ければの話しですが。)

早く治るために一番大事なことは・・・

①原因についての解説をちゃんと理解する。

②「やってもらう」のではなく「治るために自分も協力する」。

ということです。

特に3つ目のオスグッドの場合、①と②の協力がなければ改善できません。

①と②があれば、一発完治も可能です。

いくら揉んでも、ゆらゆらやっても改善できないオスグッドは3つ目のオスグッドだと思います。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
middle_1255229307[1]

40代女性

主訴 腹痛。お腹の張りと圧迫感。食欲がない。

今年の夏くらいからお腹の調子が悪い。
背中が重い。
睡眠時間は十分とっているつもりだけど疲れが抜けない。

保険の仕事。

お客さんと話す時間が多い。
一日に歩く時間が長いときもある。
パソコンの仕事もやる。

ただの夏バテだと思い、涼しい季節になると回復すると思っていたのに秋になっても改善される気配がなく、恐る恐る病院に行って検査してもらったが「特に問題は見つからないからお薬で様子を見ましょう!」とのこと。

施術の狙いどころ

ここまでの話しの内容で、お腹の張りや圧迫感の原因が特定できました。

病院の検査でも異常なし。
仕事内容は・・・。
寝ても疲れが抜けない。
歩くのが長い時もある。

などなどから、何が原因でお腹や背中にこの様な症状が出ているのか?ということを特定し、施術していかなくてはいけません。

施術開始。

まずは狙い通り背中の重さから、○○○を伸展させて施術。

強い張りを発見。

「う~~~っ、すごく痛気持ちいい!」

その張りと○○○前面の疲労を解消した時点で「背中が楽になりました!」とのこと。

次に、お腹の症状。

お腹に影響するポイントを2ヶ所軽く触診したところ(予想通り)異常なし。

この方の場合、ここで間違いないでしょう!と思っていたところに対して施術を行うと「そこら辺を触られると右側の方が違和感が強いです。」とのこと。

少ししてから・・・

「お腹触ってみてください。変わらないですか~?楽になる感じはないですか~?」

「そうなんです!張っていたお腹が凹んだ感じがしました!今は全体の痛みは抜けて、ここ(おへその横)だけが押したら痛いですけど・・・」

「そこが痛いなら・・・ここ痛くないですか?」と○○を触診。

「あっ、そこです!」

そのポイントを処理して、再度おへその横を確認するとOK!となりました。

最後に「またこうならない様に普段から自分で出来るよなことってありませんか?」とのことでしたが、「今日触ったところがお腹や背中の原因ですから、自分じゃ難しいですよね。」と言うと患者さんも「そうですよね~、お腹が痛いのに○○なんて絶対分からないですよね~!」と納得。

「食欲が出てきました!近くの料理やさんに行ってきます!」と言ってお帰りになられました。

今回みたいに、ちょっと難しいところに原因がある場合もありますので、病院に行っても異常なしで、なかなか治らないことがありましたら、またご来院ください。

食欲が出てきて良かったですね。

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
2012/04/22 14:28 腹痛 TB(0) CM(0)
入院している友達のお見舞いに行ってきました。

友達は1週間ほど前に腹部の手術をしたばかりです。

もう大分元気になって歩いていたのですが、笑うとお腹を押さえて痛そうにしております。

下腹部外側上部に差し込む様な痛みがあり(今日は大丈夫)、下腹部内側下部に圧痛があるそうです。

1週間前に手術をしたばかりですから痛くて当然ですが、話をしながらお腹をさすっているのが痛々しくて、ちょっとだけ痛みを緩和させるための施術をさせていただきました。

患部は右の腹部内側下部の圧痛。

第1ポイントに硬結と圧痛あり。

「そこ(第1ポイント)は最近ずっと痛みがあったの。」とのことだったので、第1ポイントの痛みをとるために第2ポイントを施術。

そこでは第1ポイントの痛みが取れないため第3ポイントを確認。

そこで腹部の痛みに反応があったため第3ポイントを軽くササッと施術。

その結果、右の腹部内側下部の圧痛は消失しました。

友達には大変喜んでいただけたので、こちらも嬉しくなりました。

「今痛みが無くなったと思いますが、明日にはまた半分くらいの痛みが復活するかも知れません。でもあと1~2回の施術で痛みは出なくなると思いますよ。」

と伝えて終了。

ありがとうございました。



札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
2012/04/22 14:23 腹痛 TB(0) CM(0)
middle_1254822331[1]

50代女性

主訴 腰痛と背中の痛み

ご主人が以前何度か来られたことがあり、当院の治療に絶賛していただき、今回は奥様を無理やり?連れてお二人でご来院。

3日前朝起きたら痛くなっていて、だんだんひどくなってきた。

昨日から背中にも痛みが出てきた。

痛みが出る前に、重いものを持って階段を登ったり降りたりしたが、その時はぜんぜん平気だった。

今日整形外科に行って診てもらいレントゲンを撮ってもらったが異常なしと言われ、湿布薬で様子をみることになったが、これでは仕事が出来そうにない。

とのことで、奥様はあまり病院以外の治療には乗り気ではないようでしたが、ご主人の強いすすめにより施術開始!

痛みが出る前に重い物を持って階段を登り降りしたとの事なのですが、重い物を持つと確かに腰には負担がかかり腰痛は起こりますが、そのとき負担がかかっているのは腰だけではないことに気付かなくてはいけません。

腰の筋肉は身体のあちこちと連動しているため、連動関係にある腰以外の部分に疲労が溜まっても、その影響が腰に痛みとして現れることがあるのです。

今回も腰痛の原因と思われる連動ポイントを中心に施術を進めていきました。

まずは立位で疲労していると思われる(腰痛に関係する)ポイントを施術。

後屈が出来ない。
立っていても痛いとのこと。

施術しながら、これで痛みに変化があるかどうか聞いて見ると・・・

「変わらない!」と一言。

でも明らかに少し前よりも足の緊張感が抜けてきていたので、変化していることが判り、次のポイントへ。

これもまた立位で・・・

「何でそこ?ツボですか?」

「ここにも腰痛の原因があるんですよ!」

などと会話をしながら・・・

「ちょっと後屈してみてください!」

(後屈が出来るようになってきた。)

「痛みに変化はありませんか?」

「変わらない!」と一言。

(さっきより後屈が出来ていることに気付いていないということは、そこまで曲げると痛いということ)

今度は仰向けで施術。

仰向けになる時に痛そう。

腰痛に関係する部位で、疲労により硬縮してしまっている筋肉を弛緩させ、圧痛が解消できているのを確認した上で起き上がってもらう。

起き上がる動作では先程の様な痛そうな表情が無い。

確認してもらうと・・・

「あら不思議!痛くない!どうして?・・・」

「背中の痛みはどうですか?」

「あら背中の突っ張り間も痛みも楽になってます!不思議~!」

とのこと。

ここでやっと笑顔になられ、ご来院されたときの表情はどこへやら?

お帰りになるまで「不思議!不思議!・・・」を連発されてました。

何も不思議じゃないんです。
腰の痛みの原因は腰だけじゃないですから、複数の原因に対して施術するから痛みが消えて当たり前なんです。

これで明日も仕事ができそうですね。
よかったです。

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
2012/04/22 14:14 腰の痛み TB(0) CM(0)
middle_1256894371[1]

主訴 左右のお尻から足先まで痛みとしびれ

2年半前から右のお尻にしびれと痛みがあり、一ヶ月前から左の症状がきつくなってきた。

十数年間立ち仕事をしていた。

以前ヘルニアの手術をしたことがある。

病院ですべり症もあると言われた。

ストレスはあまり感じてないが、以前のストレスはいくつか思い当たる事もある。

今となっては特に気になってることはない。

以前やっていた仕事では、かなりのストレスがあり、体調を崩した。

追突事故でムチ打ちになり、20年近く首が痛かった。

冬場滑って転んで尾てい骨を打って痛みがひどく、寝る時も手伝ってもらわないと痛くて横になれなかった。

現在は仕事はしていない。

身体が疲労する様なことはしていない。

以上の情報から原因を追究。

臀部から足にかけての痛みやしびれの原因はストレスによるものが多く、それ以外では臀部の筋肉に影響している他の部位の筋肉の疲労による「連動異常」が原因となります。

筋肉の連動異常であれば、どんなに大きな痛みであっても、原因の筋肉を弛緩させるだけでその場で痛みは解消されます。

もし、連動部位の筋肉を弛緩させても症状に変化が起こらなければ、あとはストレス性の痛みと言うことになります。

患者さんには施術前にそれらを説明させていただいてから施術をはじめました。

施術開始。

右臀部との連動部位にアプローチ。

連動部位には圧痛があったが、そこを施術しても臀部の痛みに変化なし。

施術前にストレスの話をしていたので筋肉で反応がなかった時点ですぐにストレス治療に入る。

はじめに仕事をしていたときのストレスを抜くと、明らかに痛みが軽減。

2つ目の○○の時のストレスを抜くと更に痛みが軽減。立っていても痛かったのが今は痛くないけど、反ると仙骨の左側に痛みを感じる。右のお尻は前屈すると痛みはあるけど痛みがかなり小さくなってきた。

3つ目の○○に対するストレスを抜いたあと、いろいろ思ったことを話してくださいました。ここで痛みは更に軽減するも完全には消失せず。

今回は肉体的には右臀部との連動の数箇所を触ったけど、痛みが軽減するなどの反応は無くて、ストレス治療をしたところで痛みが軽減したのでストレス性の痛みだった。ということと、残っている痛みはまだストレスが残っている。という意味であることをご理解いただき、続きは次回とさせていただきました。

このように、はじめに説明させていただいたとおり、臀部の痛みに限りませんが、痛みは肉体的疲労からくるものだけではなく、精神的ストレスからくるものもありますので、その場合は薬で治ることはありません。

この様な症状でお困りの方はどうぞご来院ください。

一緒に原因を突き止めて、改善のお手伝いをさせていただきたいと思います。

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
2012/04/22 14:06 腰の痛み TB(0) CM(0)
middle_1258191151[1]

70代男性

主訴 腰痛

2日前から急に腰が痛くなり、横になる時も起き上がる時も痛みが出る。

痛くなる前は全く痛みは無かった。

「普段は椅子に腰掛けているが、最近は椅子の上に正座をして仕事をしていて、少し腰をひねった体勢の悪い状態でやっていたから腰痛になったのかもしれない」とのこと。

重いものを持つ様な作業はしていない。

以上のお話しから原因が特定されました。

施術開始。

狙いどころはすでに決まっております。

はじめに触った左の腰との連動ポイントにはそれほど圧痛は無く、次に触った右の腰との連動ポイントには激痛が出てきました。

ということは、患者さんは仙骨の上の方を押さえて腰の痛みを訴えておりましたが、ピンポイントでは右の腰の方が痛かったものと思われます。

右の腰との連動ポイントの激痛を処理したあとで起きてもらいましたが、さっきまであった腰の痛みは出ませんでした。

ここまで2分です。

結果的に考えてみると、正座が原因です。

一般的には正座は腰痛にいいものと思われているようですが、それは違います。

正座をすることによって、ダメージを受けてしまうポイントには、腰痛を引き起こしてしまうポイントが含まれておりますので、そこに異常が発生することによって、そことの連動ポイント(腰部)に痛みが発生してしまうのです。

今回も、正座をすることによって受けた○○のポイントのダメージを解消しただけで、腰痛が消えてしまいましたので、患者さんが言われていた「正座をしてひねった状態が続いていたから・・・」ということと腰痛とのつながりは無いということになりますね。

正座はほどほどに!

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
2012/04/22 14:01 腰の痛み TB(0) CM(0)
40代男性

主訴 坐骨神経痛

1週間前から臀部からふくらはぎにかけての痛みが出た。
かなり痛みが強く、夜も寝られないくらい辛い。

紹介者の奥様と2人でご来院。

整形外科で坐骨神経痛との診断。

ヘルニアではないと言われて鎮痛剤を処方され、薬で様子見となったが、「鎮痛剤があまり効いてくれない。動いている時はまだましで、じっとしている時がかなり辛い。」とのこと。

紹介者の奥様は以前首の痛みでご来院され、改善された経験がある方ですが、「主人に言っても全然行こうとしないし、病院で治らないものをそんなところで治るわけがない!と言って聞かないので、今回はあまりにも痛そうにしているので、半分無理やり連れて来ました。」と笑顔で話されたいました。

1週間前からの症状。

会社員。

デスクワークがほとんど。力仕事はしない。

「坐骨神経痛になるのでしたら、今現在***を○○している様な生活環境(職場環境)にあるんのではないでしょうか?思い当たるところはありませんか?」

と伺うと、

即答で「ありました!」

とのこと。

即答で答えてくださったので話は早いです。

坐骨神経痛の原因は***を○○している環境にいると起こる症状であることをお話ししたうえで施術を開始。

この症状は独特で肉体的疲労も筋肉異常もまったく無いにも関わらず臀部に激痛としびれが起こってしまうこと。

疲労性ではないので患部を揉んでも痛みが取れるものではないこと。

ヘルニアでは無いことが確認されたことでも分かるように、ヘルニアと坐骨神経痛とのつながりはないこと。

痛みが出たタイミングと****のタイミングが一致していること。

などを説明しながら、患部以外の部分を軽く施術。

最後はふくらはぎとつま先だけに軽いしびれが残る程度まで改善。

残りの症状については「この時点で激痛がここまで改善されたということは、じきに治まると思います。」

と伝えて終了としました。

坐骨神経痛は特殊な症状なので、普通の整体(ボキボキ)では改善されるものではありませんが、原因を理解していればゆっくりとした無理のない施術でも、ここまで即効的に改善することが可能な症状です。

今回の患者様は病院以外はあまり興味のない方でしたが、

「何かあったときはまたお願いします。」

と言っていただけました。

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
2012/04/22 13:57 坐骨神経痛 TB(0) CM(0)
middle_1254835932[1]_convert_20120714102513

80代女性

膝痛でご来院の患者様。

ドライマウスは治らないですよね~?私ドライマウスなんですけど。」

とのこと。

「いえ、改善の可能性の無いものは書いてませんよ。 もちろん難しい場合もあるでしょうけど、ドライマウスは比較的簡単に改善できることの方が多いですけどね~。」

「え~ドライマウスは治らないでしょう!私ずっと前から治らなくて、ほらっ」

と明らかに乾いている口の中を見せてくれました。

「唾液が減少しているらしくて、食べ物が飲み込みづらくって食欲がないの。」

とのこと。

「それじゃ、膝の治療をしながらドライマウスの治療もやってみましょうね!」

施術開始。

今回の患部は両膝とドライマウスなので、当然ですが膝と口の中には触れずにすべての原因部位にアプローチ。

膝痛の原因ポイント数ヶ所とドライマウスの原因ポイント数ヶ所はほとんど同じ様な位置にあるため、ドライマウス治療を意識しなくても膝痛治療が終わったあとで確認するとドライマウスも改善できていることは少なくありません。

今回は患者さんがわかりやすいように、唾液腺の改善ポイントを施術しながら「今唾液が出ている感じはありませんか?」と聞いてみると、「そうなの、出てる感じがしてたの!出てるわ!」とのこと。

そして、膝痛の方も治療後起き上がってもらって正座したり屈伸したりしてもらって痛みがほとんど無いことを確認してもらい施術終了。

もちろん唾液もOK。

ドライマウスの原因は口の中には無く、日常生活でもドライマウスにならないようにするための心がけがあることをお伝えして終了しました。

ドライマウスは、凍結している唾液腺が解放されれば普通に唾液は出るようになるものなんです。

唾液自体が減っているわけではないんですよ。

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
先生肩凝り取れました~
ここに原因あるなんて、そんなの初めて聞きました~
こんなに柔らかくなるなんて、早く来てみりゃ良かったわ~

肩凝り取れて良かったです。
肩は揉んでもダメですし、薬じゃ解決できません。
我慢せずに来てください。

middle_1281891760[1]_convert_20120714103038


ついでにお願いいいですか?
目が渇いてしまうんです。ドライアイかもしれません。
目薬いつも離せません。

涙が少ない原因は凍結しちゃった涙腺です。
解凍すればすぐ出ます。
余った時間でやりましょう。
もしもストレス性ならば少し時間がかかります。
その時はまた来てくださいね。

(施術中)・・・・・・・・・・

これで楽になりませんか?涙にじんできませんか?

あらま~ほんとだ出てきたわ~
涙がじわ~っとくる感じ。
やっぱり乾いていたのね~どうりで痛いはずよね~

middle_1281891795[1]_convert_20120714103109

これなら目薬いりません。潤っているのがわかります。
目を開けてても痛くない!

あ~よかった~ v(^▽^)
ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
middle_1256730973[1]

主訴 のどの痛み。右肩凝り。腰痛。鼻のつまり。右首上部の痛み。

主婦業。子育て中。
子供を立って抱っこしている時間が長い。
肩や腰の痛みの他、風邪が治りかけでのどが痛くて鼻づまりが治らない。

以前一度来て下さった方で、今回はお友達とご来院。

今回はかなりストレスが大きかったようです。

前回は、施術開始直後からどんどん身体が楽になるのがわかるとのことでしたが、今回はストレスのせいか反応が鈍かったですが、次第に筋肉が緩んでいき、肩凝りや腰痛の症状が改善されました。

施術の途中で「鼻のつまりもかなり通るようになってきました。」とのこと。

肩凝りと腰痛の治療後、のどの連動ポイント2ヶ所でのどの痛みと押した時の痛みが解消。

最後に今でも気になってしまう過去のストレス治療。
1分ほどで気にならなくなってくれました。

このストレスが体調に大きく影響してしまうんですよね~。

今回は風邪の治りかけということでしたが、「子育て(赤ちゃん)をしている都合上薬は飲めなくて・・・」とのことでしたので、ちょっと心配でしたが、のどの痛みも鼻のつまりもOKということで、大変喜んでいただけました。

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
middle_1257305969[1]

50代男性

デスクワーク

たまたま通りかかった方で、マッサージを希望。

特に痛いところがあるわけではないが、全身をやってもらいたい。

「痛いところは無い!」と言われたが、背広を脱ぐ姿はなぜか痛そう?

「肩が痛いんですか?」とたずねると、

「肩は前から五十肩って言うの?痛くて上がらないんだよね。もうずーっとだから、あんまり無理にやられるとかえって痛くなるから、これはいいから!」

との事。

右五十肩。

はじめは病院で注射してもらったり、鍼にかかったり、整体にかかったりしたけど、回復せず、かえって痛くなった時もあるとのことで、かなり諦めモードでした。

施術開始。

マッサージの場合いつもは仰向けの体勢から行うのですが、五十肩の症状を改善するために五十肩治療の体勢になっていただきました。

多分、患者さんは「変わったところからマッサージするな~」と思われたことでしょう。

触ったところには思ったとおりガチガチの硬結がありました。

施術後・・・

「すみません、一度起き上がって腰掛けていただけますか。」

「えっ起き上がるの?(私が触ったところをさすりながら)ここ痛かったね!」

「右肩を上げてみてください。どこに痛みがあるかおしえていただけますか?」

「肩はいいよ。やらなくて~。」

と言いながらも左手で右肩を押さえながら恐る恐る上げてくださいました。

すると・・・

「あれっ?上がる!・・・・・上がる!・・・」

何度も上げ下げを繰り返して・・・

「どうして?何したの?・・・上がりますよ!痛くないですよ!もう半年以上上げれなかったんですよ。は~~~そうですか~~~治らないと思っていたから・・・」

このあとは、五十肩の原因を解説しながら、全身施術をさせていただきました。

注)五十肩といっても、短時間で治るケースもあれば、ストレス性で少し時間がかかるケースもあります。
患者さんの話を聞いた上で、即効改善が可能か判断し、難しいケースと判断した場合は原因を追究していくことになりますので、その時は少しお時間がかかります。

今回の患者さんの場合、仕事柄や日常生活の中での癖で疲労させてしまう筋肉があり、そこと右肩が連動関係にありましたので、間違いなく即効改善できると判断した上で五十肩の施術を行いました。

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
20代女性

主訴 左首・左肩甲骨の内側の痛み。おでこ・こめかみ・眼の奥に頭痛。
    2~3日前から耳鳴り。子供の頃からの顎関節症。

元気なお子さんと一緒にご来院くださいました。

「小さい子を連れて行っても良いとのことだったので助かりました」とのこと。

この様な治療院に子供を連れて行くのは断られるイメージがあったので、ダメかと思ったそうです。

いえいえ、ぜんぜん大丈夫です!

運動会?状態になる時もありますので、ぜんぜん問題ありません。

ただ、ケガだけしないでいただけると、こちらとしても助かります!

ということで施術開始。

お子さんがまだ小さいので抱っこすることが多い。

デスクワークなどの仕事はしていない。

顎関節症の治療で歯医者さんにかかっていて、寝る時にマウスピースをつけるように言われたが、つけていると寝られない。

背中の痛みは急に起こって、次第に耐えられないような強い痛みになってきた。

以上のお話しから原因部位が特定されました!

頭痛と首痛に加え、顎関節の原因も探っていきましたら、全身何ヶ所もある連動部位の中でただ1ヵ所だけにかなりきつい硬結がありました。
他の連動部位には軽い硬結はありましたが、ここまで身体が辛くなってしまう様な問題があるとは考えられない程度の硬結でした。

一番の原因部位と思われる○○に集中して施術を進めて行くと、

「眼が楽になってきました」

「左の首はどうですか?」

「左の首が楽になったからか、右の首の辛さを感じてきました」

との事で右首狙いと同時に右顎関節狙いの施術。

「口を開けてみてください! 右側の顎の感じ変わりませんか?」

「今一回ガクってなったけど、ガクガクいわなくなりました!」

「じゃーここが原因だったってことですね。他にも顎関節に影響しているポイントはあるんですけど、触ってみても他の部分はどこも問題なさそうなので、一番の原因はここの筋肉の硬さですね。」

と解説。

ご本人にも、顎が動きやすくなったので納得していただきました。

そして、一番の悩みである背中の痛みですが、施術の流れの中に背中狙いの施術も組み込みながらやっていくと、「段々背中も楽になってきました」とのこと。

症状を診て行くと、背中の痛みは肉離れであることがわかりました。

肉離れの場合、「肉離れである!」と断定する方法と早く回復させる施術方法がありますので、これによって施術を行いました。

(肉離れの回復には、その筋肉の伸縮が正常にならなければいけません。筋肉に異常が起こり、伸びない状態になってしまうと筋肉は断裂しやすくなります。)


頭痛を確認してもらうと、右のこめかみの頭痛だけが残っていましたので、法則通りのポイントを施術したところ、

「痛みがスーッと引いていく感じです。」

とこのとで反応あり。

無事痛みが無くなりました。

最後に頭(脳)の疲労が少しありましたので、1分ほど疲労を取らせていただいて終了とさせていただきました。

施術している間、待っていてくれたお子さんは、「早く帰りたい!」とも言わず、泣きもせず、元気に待っていてくれました。

良かったです。

辛くなったらまた来てください。

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
middle_1279851273[1]_convert_20120714103704

全身疲労の患者さん。
仕事が疲労の原因でした。

でも肉体疲労をする様な職種じゃないのになぜでしょう?

運動してないせいかしら?でも運動する気が起こりません。
家に帰ればバタンキュー!「体力無いな~」って感じます。

体力無いんじゃありません。職種が疲労の原因です。
○○だからです。
予防にこうしてみてください。疲労は半減するはずです。

それでは起きてみてください。

気持ち良くて寝てました。頭もスッキリしています。

鏡を覗いてみてください。

あらっ猫背が治って真っ直ぐに。

ついでに治しておきました。

喜ぶ笑顔が何よりです!

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
middle_1280944100[1]_convert_20120714104227

僕はピッチャーをやってます。
一週間ほど経ちますが、肩を回すと痛いです。
試合数が多いから投げる回数が多いです。

病院には行きました?

病院には行ってません。

上げるとどこが痛いですか?

腕の付け根(脇の下)が痛いです。あと肩甲骨も痛いです。

ここを押すと痛いですか?

はい!

ここはくすぐったいですか?

はい!

野球肩の原因はこういうところにあるんです。
肩を揉んでも治りません。

(施術中)・・・・・・・・・・

押した痛さはどうですか?くすぐったいのは取れました?

押しても痛くありません!くすぐったいのも取れました!

投げる動作はどうですか?

投げる動作も痛くない!

まだまだ安心できません!これで様子をみてください。
練習してみてくださいね。
投げると痛みが出るならば、すぐまた来てみてくださいね。

middle_1281098196[1]_convert_20120714104251

結果的に原因は疲労だけではありません。
精神的なストレスも肩に影響してました。

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
2012/04/22 13:12 野球肘・野球肩 TB(0) CM(0)
middle_1281506929[1]_convert_20120714105600

お久しぶりでございます。
以前の腱板断裂はお陰さまで良い調子!
普通に仕事もできますし、運転してても大丈夫。

右の肩は良いけれど、今度は左が上がりません。
右手で持ってあげなけりゃ、腕が上まで行きません。

仕事もなんとか出来ますし、夜もうずきはしないけど最近けっこうきついです。

もひとつついでなんですが足の重さを感じます。
階段が昇りづらいです。

左の肩と足ですね~
まずは肩からやりますね。

(施術中)・・・・・・・・・・

これで肩はどうですか?上がる感じはありますか?

上がるようになりました!
痛みは少しありますが、補助しなくても上げれます。

次に足をやりますね。

(施術中)・・・・・・・・・・

起きてもらっていいですか?足の重さ取れました?

足の重さ取れました!これなら階段大丈夫。
いつも終わって思うのは、帰りの足の軽さです。
不思議と軽くなるんです。

middle_1281583335[1]_convert_20120714105533

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
middle_1283230659[1]_convert_20120714105908

ひと月前からじわじわと右肩甲骨にきてました。
右ひじの上まで痛いです。仰向け、右下にできません。
うつ伏せもかなり辛いです。頭を後に反らせると腕に痛みが出てきます。

前にも同じようになりました?

なったことはありますが、こんなにひどくなかったです。

病院には行きました?

もちろんすぐに行きました。
たくさん検査しましたが、骨に異常は無いそうです。
自律神経じゃないかと、心療内科も行ってます。
安定剤をもらってます。

安定剤は飲んでます?

飲んでますけど効きません。

ちょっと診せてくださいね。原因探ってみますから。

(施術中)・・・・・・・・・・

筋肉異常はありません。筋肉反応ありません。
ストレス性だと思います。ストレス治療をしましょうね。
 
ストレス治療ってどうやって?

(施術中)・・・・・・・・・・

これでどんな感じですか?起きて確認してください。

痛くないかもしれません。
妻がうるさく言うもんで「1回だけな!」と来てみたが・・・
楽になった気がします。

どこか痛みはありますか?

あれだけ痛みがあったのに、柔らかくなりました。

middle_1283230686[1]_convert_20120714105934

結果的に原因はストレスにあったということです。

心の切り替えが必要です。
イライラしない、怒らない。
穏やかでいるのが一番です。

よかった~ v(^▽^)
ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
middle_1310202918[1]_convert_20120714122323

上の写真は、脊柱側湾症の患者さんの背骨の曲がり具合を数値で示したものです。

左から37度、45度、100度となっております。

今回ご来院された中学生の女性の患者さんは、真ん中の写真くらいの曲がり具合でした。

曲がり具合を写真に撮っておけば良いのかも知れませんが、当院では触診と付き添いの方に見て確認していただいてから施術を進めていき、改善の状況をまた付き添いの方に確認していただく方法をとっております。

脊柱側湾症は、大きく歪んでいても、ご本人にわかるような痛みなどの症状は無いことが多いため、他の方に歪み具合と改善具合を確認していただく方がわかりやすいのです。

そのため写真はございませんので上の写真を使わせていただきました。

今回の患者さんは45度くらいですが、45度でも相当な歪みです。

どうしてこうなってしまったのか?というところですが、原因が分かればこれだけ歪みがひどくても改善可能です。

まだ一般的には脊柱側湾症の原因はわかっておりませんが、JBMでは始めから原因を一つに絞り込んでアプローチしていきます。

まずは真っ直ぐ立ってもらい、歪みを確認。

服の上からでも大きく歪んでいるのが分かるくらいです。

そして右の肩甲骨が後方に突出しており、捩れもあります。

次に仰向けになっていただき確認。

胸のところと腰のところに歪みがあるのが誰の目からも見て取ることができるくらいです。

施術開始。

JBMではこの様な歪みに対してボキボキやりません。

これだけ歪んでしまっていれば、ボキボキやっても真っ直ぐにはならないからです。

JBMでは無理な力を加えることはせず、歪んでしまった原因を突き止め、原因に対してアプローチしていきます。

今回も狙い通りの所にちゃんと(ご本人にも気が付かないところに)原因が複数ありました。

「これなら歪んで当然」と思えるくらいのものがありました。

カウンセリングも含めての治療となりました。

この間、3回確認のため起きていただき、最後4回目に起きていただいた時には、肩甲骨の突出がまだ残っておりましたが、背骨の上部の極端な歪みがほぼ取れて、なだらかな大きなカーブが残る程度になりました。

それを付き添いのご両親に見て確認していただきました。

背骨を触診するまでもなく、見た目だけで改善がわかるくらいの大きな変化があり、ご両親も「1回でここまで・・・!」とビックリされておりました。

まだ肩甲骨の突出は若干残っておりましたが、ご本人は「肩甲骨の辺りも張りが取れて楽になりました」とのことでしたので、次回に期待となりました。

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
1ヶ月に1度くらいのペースで全身のメンテナンスに来られる方の90分の施術が終了したあと、付き添い?でたまたま来られていた男性が「肩が痛い」という話をされていたので、「肩が痛いんですか?」と聞くと、「12年前に競技中の事故で腱板を損傷してしまってからずっと痛くて動きが悪い」とのこと。

その方はこのあとの用事のためついて来られただけなので施術を受けるつもりは無かったのですが、私が「腱板の損傷ですか、ちょっと診てみましょうか?」と言って診させていただくことになりました。

時間は10分間です。

動きを確認したところ、肩関節が安定しない状態で痛みを伴い、無理をして大きく回すと脱臼してしまいそうな状態。

脱臼してしまいそうな状態ということは、肩周辺の筋肉が萎縮したままになっているから可動制限が出てしまっているということで、肩の筋肉を柔らかくするだけではダメ!

筋肉の柔らかさと伸縮性は別問題で、筋肉を柔らかくしても伸縮性の改善にはならないからです。

はじめに肩とその周囲の筋肉の伸縮性を改善させる施術を行い肩の動きを確認したところ、大幅に可動域が改善。

この時点で「痛くない!」とのこと。

最後に肩にはまったく負担のかからない特殊なストレッチを30秒間やってもらった結果、痛みも可動制限も改善されました。

10分(かかっていない)の施術で12年間の痛みが改善されたので、「魔法をかけられたみたい!」と喜んでいただけました。

お帰りになる時「ここ(施術した部位)まだあったかい!」と言いながら帰られました。

ついでの施術でしたので時間が取れませんでしたが、診てみたら思った通りの状態だったので、短時間で改善可能と思い施術させていただきました。

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
40代男性

主訴 肩こり(僧帽筋にできてしまった骨の様なシコリ)

ダンプカーのドライバー

今の時期は除雪作業が忙しく、夜中も寝ないで仕事をしている。

寝不足の状態で運転している。

運転していると眠くなることもあるので寒いけど窓を全開にして眠気を覚ましながら仕事をしていることが多い。

そのせいで冷えてしまったからか、右肩の肩こりが酷くなって痛くてしょうがない。

気がついたら僧帽筋のところ(肩甲骨の上角の上)に硬いシコリができてしまっているようで、そこが常に痛い。

整形で電気をかけてもらったり、鍼にも行ってみたが、やってもらった時は少し気にならないくらいにはなるけど、すぐに痛みが戻ってしまい仕事にならない。

今は指圧に行って強押しをしてもらっているが、最近はなぜだか予約の電話をしても「予約がいっぱいだから」と断られることが多い。

強押しをしてもらうとしばらく楽なので1時間くらい強押しをしてもらいたいとのこと。

1時間も強押しをしていたらその後の仕事にさしつかえるので、「うちでは指圧はやらないので強押しはできないのですが、押さなくても多分症状は改善できると思いますので、押さない方法で試させていただいてもいいですか?」と聞くと、

「楽になるなら何でもいいです(から早くやってください!)」的な感じでしたので、急いで施術に入りました。

今回の施術ポイントは、

①ダンプのドライバーで雪を運ぶ仕事

②窓を開けて寒い状態で仕事をしていた

③寝不足で休まず運転

などから考えて、メインの1ヶ所を含めて全部で7ヶ所になります。

メインのポイントは最後に取っておいて、その他の6ヶ所を順番に処理していきます。

1ヶ所を施術する度に改善度を確認しながら施術を進めていきました。

メインのポイントにかかる前までの施術で「かなり楽になった。触ったらシコリのところが痛いけど、でも相当楽になりましたよ!」とのこと。

まだこの時点では骨の様なシコリはあります。

ここからそのメインのシコリを取る施術に入ります。

ポイントは1ヶ所ですが、そのポイントに圧痛を送り込む他のポイントの処理はすでに済んでおります。

最後のポイントの施術に入ると期待通りの反応(かなりきつい圧痛)がありました。

患者さんには変化を確認してもらうため、患部に触れていてもらいます。

ポイントを処理しはじめると、「柔らかくなってきたー!カッチカチが無くなってきましたー!」

と驚く表情が楽しかったです。

結果、まったく強押しをしなくても改善することができました。

私も昔はマッサージから修行に入りましたので、患者さんが「強押ししてほしい」というのも非常によく理解できます。

その頃はいかに強く押せるようになるか!というのがマッサージ師の一番のテーマでもあり、指名率にも影響していたことも事実でした。

今は押さないので、親指がゴツくならなくて良かったです。

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
30代女性

主訴 首から後頭部にかけての頭痛

20代半ばくらいからの頭痛持ち。

7年前今の仕事をするようになってから更に頭痛がひどくなった。

事務。パソコン。書き仕事。

家ではパソコンはやらないが、仕事が忙しい時は家に持ち帰って仕事をする時もある。

ご来院された時はかなり辛かったのか、無表情というか眉間にしわをよせて不機嫌そうな感じでご来院。

何か怒ってるのかな~?と思いながら話を聞いてみると、「頭が割れそうな頭痛で!」とのことだったので、なるほど納得!

早速施術開始

【1回目】

上記の話しの内容から頭痛の原因を特定。

うつ伏せになっていただき施術。

普通は頭痛となると首の筋肉を緩めるために首を牽引したり、指圧したり、マッサージしたりするところですが、それでは慢性頭痛を改善することは出来ません。

仕事内容から一番疲労する筋肉で、首や頭部を硬結させる原因となっている3箇所のポイントを施術。

まったく関係なさそうな筋肉を施術するので、本来なら説明してから行ったほうがいいのかも知れませんが、頭が割れそうとのことでしたので、頭が割れる前に痛みを取ってから説明することにしました。

頭痛の原因と思われる3箇所の筋肉を触診してみると、かなりきつい硬結があり、圧をかけると強い圧痛がある部分とくすぐったい部分とがありました。

そしてそれらの筋肉を弛緩させた時点で圧痛やくすぐったさが消失。

起きてもらうと、ホッと一息「楽になりました~!頭痛が取れたら肩凝りを感じてきました~。」とのこと。

ここで頭痛のメカニズムを解説。

「こんなところが原因だったとは!治るわけないですよね~!」と納得していただきました。

ここまで5~6分くらい。

つぎに肩凝りの施術を開始。

「頭痛の施術ポイントと肩凝りの施術ポイントは違うので・・・」と解説しながら肩凝り治療を行うと、今は頭痛の苦しさが無いので、

「あ~すごい!やわらかくなってきました~押してもいたくない~・・・」

と、肩凝り治療を楽しんでいただくことができました。

施術後、頭痛の原因と予防方法をお伝えして終了させていただきました。

【2回目】

「頭痛どうですか?」とたずねると、

「あれから頭痛は起きていません。頭痛がしそうな気配を感じてきたら休憩して、言われた様な運動するようにしていたら、今のところ大丈夫です。今日は腰がすこし痛くなってきたから(以前ぎっくり腰の経験あり)ひどくならないうちに診てもらおうと思って来ました。」とのこと。

また頭痛が起こってしまったかな~?と思っていたらそうではなかったようなので良かったです。

頭痛持ちの方は、寝ても起きても立っても座っても常に痛いので、本当に大変だと思います。

頭痛薬が効いてくれるといいのですが、ほとんど効果ないという方もいらっしゃるし、体質的に薬が飲めないという方もおりますので・・・。

頭痛持ちの方は来てみてください。原因が分かるかもしれませんよ!

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
2012/04/22 11:57 頭痛・片頭痛 TB(0) CM(0)
middle_1281246023[1]_convert_20120714125747

かれこれ10年経ちますが偏頭痛で死にそうです!
薬は毎日飲んでます。飲まなきゃ仕事になりません。
頭痛の気配がした時に先に薬を飲まなけりゃ、頭痛がしてから飲んだって全く効果がありません。

どういうお仕事されてますか?

ほとんどデスクワークです。
たまに荷物を運んだり、でも重い物はありません。

今の仕事に就いてから何年くらい経ちますか?

今の仕事に就いてから10年くらい経ちますね。

お医者さんには行きました?

色々検査しましたし、脳外科にだって行きました。
そこで言われたその言葉に大変ショックを受けました。

「偏頭痛は一生の病気であり、現在の医学では完全に治すことはできません。辛くならないように、うまくお付き合いして行きましょうね!」

あらあらそれは大変だ。片頭痛とお付き合い?

「偏頭痛は一生の病気であり、現在の医学では完全に治すことはできません。」

って言われます。

今こうしている時もズキン ズキン ズキン ズキン ズキン・・・
って痛みます。

頭痛が起こる原因は2つくらいありますよ。
まずはやってみましょうね。痛みは取れると思います。
痛みを取ってから原因説明しましょうね。

ホントに痛み取れるなら会社の人にもすすめます。

私の治療方法は痛いところに触れません。
ちゃんと結果は出ますから、やってみればわかります。

(施術中)・・・・・・・・・・

これで起きてみてください。こめかみのところ痛みます?

middle_1281246055[1]_convert_20120714125828

結果的に原因は筋肉疲労にありました。
私が触ったこの辺りに頭痛の原因ありました。
偏頭痛の原因は頭や首にはありません!
頭痛の原因取れたから、今、痛みはないでしょ!

あ~よかった~d(^▽^)

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
2012/04/22 11:48 頭痛・片頭痛 TB(0) CM(0)
30代女性

主訴 首の背面と肩凝りの痛み

仕事はデスクワークで、一日中パソコンをやっている。

運動はたまにジョギングをする程度。

4年くらい前から首が痛くなり、病院では頚椎ヘルニアと診断。

仰向けで寝ていると首が辛く腰も痛くなるので横向きで寝ることが多く、じっとしていると辛くなるのでよく寝返りをうつのでいつも眠りが浅い。

これまでマッサージ・鍼・整体などに通い、現在は整骨院に通院中。

「治療後は楽になる感じはあるけど、またすぐ辛くなるのはどうしてなんでしょうね?やっぱりヘルニアがあるからしょうがないんでしょうかね~?」とのこと。

施術開始

まずは首の痛みを出している原因部位を特定するために6箇所のポイントを確認。
1箇所目を触診するも問題なし。
2箇所目も問題なし。

この時点で、ジョギングなどのトレーニングが直接の原因ではないものと判断。

3箇所目に強い圧痛あり。そのポイントと周辺を施術すると、ポイントだけではなく周辺にも強い圧痛と筋肉の硬縮あり。

ここら辺はすべて患部と連動関係にあるため、これが首に痛みを出している一番の原因と判明。

硬縮している筋肉を丁寧に弛緩させ、圧痛が消失した時点で起き上がっていただき、首の痛みを確認してもらうと・・・

患「う~~~ん、痛くないような気がする~~~!」

私「いろいろ動かしてみて痛いところがあればおしえてください。」

患「痛い感じが分からないから、痛くないのかもしれない!」

とのことで、首の治療はとりあえず終了。
今の施術で肩凝りも楽になっている可能性があったので・・・

私「肩の痛いところを教えてください。」

と言うと、

患「う~~~ん、今はわからない・・・痛くないような~~~」

とのことでしたが、とりあえず肩凝りの一番の原因となる基本ポイントを施術。

私「これで左の肩が楽になる感覚はないですか?」

患「あっ、そう言われればすごい楽!」

ということは、先程の施術だけで普段より肩が楽になっていたから、その時点であまり痛みが分からなくなっていたということですね。でも実際には痛みがあり、次の施術で更に凝りが取れ痛みが無くなったから変化を感じることができたということですね。

そして同じ様に、右の肩凝りも処理して終了。

施術中、はじめは何故かため息を連発していたのですが、途中から「ぽかぽかして気持ちよくなってきた。」とのことで、施術を楽しまれていたようです。

今回の施術では患部の首や肩には一切触れず、原因部位に対してのアプローチだけですべてOKとなりました。

ということは、この方の首や肩の痛みは、頚椎ヘルニアはあまり関係なかったようですね。

「家は近いから、また何かあったらお願いします!」とのことで、笑顔でお帰りになられました。

痛みが取れてくれてよかったです。

首や肩の痛みは、寝てても痛いですからね。

来て下さってありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
下を向くと首の後ろから背中にかけて硬さと痛みがあって、最後まで下を向くことができない。

上を向こうとすると首の後ろが硬くて強い痛みがあり、まったく上を向くことができないため、うがいができない

この様な症状は誰にでも経験があると思います。

今回の患者さんは女性の方です。

運動は特にやっておりませんし、事故やケガをした覚えもありません。

運動も事故もケガの覚えも無いとのことですので、首に負担がかかる様なことはしていないのに首が動かなくなってしまったということですので、首の使いすぎが原因ではないということになります。

首に負担をかけすぎたから痛くなってしまったのではないわけですから、首を揉んでも痛みや可動制限は取れないということになります。

この様な首の痛みや硬さは、実際に触ってみると特に硬さは無いけど、患者さんご自身は「硬い」と感じることがあります。

原因として考えられるのは、首に影響している筋肉(首以外のポイント)の疲労による首への連動異常、または精神的ストレスからの首痛が考えられます。

注)揉んでもまったく改善されない首痛は、ストレスから来るものがほとんどです。
  この場合、ストレス治療ができる治療院であれば改善可能です。引っ張ってもダメです。

今回は左右の○○部のポイントに硬結と強い圧痛が隠れておりました。

患者さんにはそこ(○○部のポイント)を施術する理由は話さずに施術をし、そこの施術が終わった時点で「一度起きてみてください!」と言って、起きて腰掛けていただきました。

そして恐る恐るゆっくりと上を向いていただきました。

結果は、ほとんど後ろに反らすことができなかったのに、真上を向けるまでに改善されておりました。

「これでうがいができますね・・・」

という話をして、今日は終了としました。

大変喜んでいただけて良かったです。

今回はストレス治療なしでここまで改善されましたが、ストレスはありましたので次回来られた時にストレス治療をした方が更に楽になると思います。

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
20代女性

主訴 頭痛(特にこめかみ、頭頂部)

職業 事務職

昔からの頭痛持ち。

いつも大抵頭痛があるけども、頭痛があるときは頭痛の薬を飲むが、痛みが強くなってから飲んだのでは痛みが治まらなくなってしまうので、痛くなりかけたらすぐに飲むようにしている。

定期的にマッサージにかかっていて、いつもはマッサージしてもらうと楽になるが、最近はマッサージしてもらっても頭痛薬を飲んでも頭痛が治まらなくなってきた。

夜寝てても枕が合わないせいか首から後頭部に圧迫感というか枕が硬く感じ、何度も寝返りを打っていて眠りが浅い。

昼間も痛くて仕事に集中が出来ない。

病院での脳の検査では異常なし。「筋肉の緊張性の頭痛だと思う」と医師の診断。

そこの医師からは「筋肉が緊張しやすいタイプの様だから、マッサージにかかったらいいかも知れませんよ。」と言われたそうですが、すでにかかっている。

医師によっては、「マッサージにかかったって、そんなもので治るわけない!」という先生もいるとのこと。

(それはよく聞く話ですね)

ということで施術開始

当院はマッサージではないけれど、マッサージ的な触り方で、ソフトに触っていきます。

事務職とのことですのでデスクワークですから、その体勢を維持して長時間過ごした時に疲労してしまうポイントをうつ伏せでマッサージ的にソフトに施術していきます。

すると案の定!というか珍しいくらいのかなりの硬結状態の筋肉がありました。

そこを軽く触るだけでも力が入ってしまうくらいの痛みがあり、深部まで弛緩させるには若干時間がかかってしまいましたが、数分後、無事やわやわに。

起きてもらって確認してもらうと、首の後ろから後頭部にかけての頭痛が消失し、頭頂部の痛みも軽減。

次にこめかみと頭頂部の残った痛みを処理するために仰向けで施術。

こめかみの連動ポイントを触診すると、身体を逃がす様な痛みを確認。
頭頂部の連動ポイントを触診すると、全面的に硬さがありました。

それらを他の連動ポイントも使って弛緩させていくと、こめかみと頭頂部の残った痛みも消失。

立ってもらうと、「頭痛がぜんぜんなくなりました!」とのこと。

基本の法則通りの施術ですべて解消となりました。

頭痛は脳に異常が無くても起こります。
肩や首の凝りによって頭痛が起こると言われておりますが、確かにそうなのですが、その凝りによって首が締め付けられて血流が悪くなり、脳に血液が行き辛くなり、酸欠を起こし、頭痛が起こってしまいます。

今回の患者さんのように、いつもはマッサージしてもらうと頭痛が治まっていたのに、最近は痛みが取れないという様なときは、肩周りや首周りをマッサージしただけでは筋肉が弛緩してくれない状態になってしまっているということです。

頭痛は脳に血液が足りない状態です。
決してほっとかないでください。

頭痛を感じないタイプの人もおりますが、そういう方の場合は頭痛の代わりに頭がボーっとしたり、めまいを感じたりする傾向にあります。

お気をつけください。

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
2012/04/22 10:01 頭痛・片頭痛 TB(0) CM(0)
20代女性

主訴 顎関節症

話をするくらいなら(口を大きく開けなければ)問題はない。

お寿司などは食べられない。

あくびをこらえる時や、笑いをこらえる時はかなり大変。

口を開けるとカクカクどころではなく、カキ~ンと金属音がする。

調子が悪い時は、口を大きく開けなくてもアゴが外れる時もある。

小学生の時からスキーをやっている。

夏場はジムで筋トレ。特に下半身を中心に全身のトレーニング。

仕事は営業で車の運転が多いが、それほど歩かない。

顎関節症の治療といえば、顎関節周辺のマッサージや電気治療が一般的ですが、夜寝る時に歯ぎしりをしないようにマウスピースをつけさせられることもあります。

顎関節症の原因は、硬い物の食べ過ぎや歯ぎしりや気付かないうちに歯をかみ締めていることによっててアゴの筋肉が疲労して硬くなってしまっているものと考えられているようですが、実はそうではありません。

顎関節症をお持ちの方は、顎が開かなくなる前に硬い物を食べ過ぎた記憶はありますか?
「寝てる時歯ぎしりすごいね~!」なんて言われたことはありますか?
自分でふと気付くと、顎に異常をきたすほど歯をかみ締めていることってありますか?

硬いものを食べなくても、歯ぎしりをしない人でも、気付かないうちに力んでしまっているということがないと思われる人でも顎関節症は起こります。

ということから考えても顎関節自体の疲労がなくても顎関節はロックしてしまうということです。

これらの情報から施術開始。

上の情報からすでに、顎に可動制限を起してしまう原因となる連動部位の疲労が見えております。

この方の場合、大きな原因となる筋肉異常は3ヶ所あると考えられます。

1ヶ所目の○○を触診してみると案の定、かなりの硬結を発見。

2ヶ所目の○○も同じくかなりの硬さと圧痛がありました。

3ヶ所目の○○は目立つ硬結はありませんでしたが、「軽く押しても痛い」とのこと。

1ヶ所目を施術した時点で「カキ~ンといわなくなった!」と患者さんビックリ!

2ヶ所目を施術すると、顎の開閉が正常に。この時点で「まったく問題ない!」とのこと。

3ヶ所目を施術すると、更に楽になったようで「ウソみたい!明日の朝起きてみたら夢だったなんてことないですよね~?」とのこと。

最後に、顎関節症になってしまった原因を説明し、今後の予防対策を説明して終了としました。

でも、予防はちょっと難しいかも知れないので、なったときはまた来てくださいね。

患「こちらで顎関節症を治してもらった友達のすすめで、1回で治ることは絶対無いと思いながらもちょっとだけ期待して来てみたんですけど、早く来れば良かった~~~。スキー仲間にもいるんですよ~!紹介しておきますね~。」とたいへん喜んでいただきました。

そうなんです、顎関節症はスキーヤーに多いんです。

寒いから、かみ締めているからではありませんよ!

お仲間のご来院、お待ちしております。

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
2012/04/22 09:39 顎関節症 TB(0) CM(0)
20代女性

主訴 ムチ打ち症

1年前の自動車事故でムチ打ち。

交差点で停まっていると、後から追突された。

その日よりも次の日から日を追うごとに首の痛みがひどくなり、寝たり起きたり歯を磨く時も大変な状態。

上が向けない。左右も向き辛い。
下を向こうとすると首から背中までが突っ張る感じ。

現在も週に3回整骨院で牽引と電気治療を受けている。

牽引されている時は気持ち良い感じがするが、終わるといつもの状況とは変わらない感じ。

仕事も辛いため周りにも迷惑をかけてしまうため、一か所に長くいられず現在は求職中。

ネットで調べて、ムチ打ち専門と書いているところに行ってみるが、整形や整骨院では治療内容は同じ様な感で、強揉みされるところではかえって悪化するため、どこに行っていいのか分からなくて、初めて行くところは怖い。

「他の人のブログでこちらのことが書かれていたので、HPを読ませていただいて来てみました」とのこと。

施術開始

まずはどちらの方向から追突されたのか?首をどの様に動かしたら痛いのか?などを丁寧に確認し、原因部位を特定。

次に首以外の痛みの原因と思われる大きな筋肉3ヶ所を軽く触診して確認。

1ヶ所はほぼ問題なしで、2ヶ所に強い硬結がありました。

始めにこの2ヶ所にアプローチしたところ、仰向けで頭を上げることが可能になり、患者さんがビックリ。

さっきまで神経質そうな顔をしていたのに、笑顔が見られるようになりましたので、こちらとしても施術がやりやすくなりました。

つかみはOKです!

始めに触った2ヶ所はかなりの圧痛があり、ガチガチ状態でしたので、この後もゆっくり数回に分けて深部までゆるめていくと、更に首の動きが良くなっていき、起き上がってもらうと、上を向くのが可能になってました。

次に下を向いた時の背中の突っ張りに対しての施術を座位で行うと、狙い通り、突っ張り感が無くなっただけではなく、後頭部にも痛みを感じていたことに気付いたらしく、「この辺(後頭部)も楽になりました!」とのこと。

最後に、首を左右に捻った時の痛みを(この時点でかなり捻れるようになっていましたが)座位のままで施術。

始めに触った、痛みがすでに取れている部位と同じところへのアプローチでしたが、特殊な姿勢で触っていくとガチガチの筋肉が出現!

患者さんが「さっき痛くなくなったところですよね~?」

とビックリしていましたが、その筋肉をゆるめていくと、首の捻りが改善され、患者さんがまたもやビックリ!

時間内での狙い通りの改善となりました。

ムチ打ちの場合、痛みが強く、受傷してから何年も経っていると精神的にもダメージを受けてしまい、自律神経にも異常をきたすことがあります。
こうなると痛みは首だけでなく全身に波及してしまうことがありますので、早めの(原因部位への)治療が必要です。

※ムチ打ち症は、追突時に頭が前後に激しく揺れたとき、頸椎や周りの組織が損傷して起こる症状と考えられております。

受傷の瞬間の前後への頭部の振れが、ムチの動きに似ているため、ムチ打ちと言われるわけです。

しかし、首には一切触れずに、首に影響する全身の筋肉の異常に対してのアプローチのみで、ここまで改善させることが可能だということは、施術結果から考えると、このムチの様な動きによって頚椎が受傷してしまうわけではないということが言えると思います。

ムチ打ちは、首自体を治療しても、1年経っても治りませんよね。

狙いどころは首ではありません!

お悩みの方は、お早めにいらしてください。

早ければ早いほど、改善も早いようです。

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
中学生 サッカー部

主訴 オスグッド・シュラッター病(医師の診断)

お母さんの付き添いで来院

一昨年の夏から膝に痛みが出始め、次第に曲げるものもきつくなってきたので、だましだまし練習してきた。

「練習や試合でも屈伸とかするでしょう?」の質問に、

「最後までしゃがむと痛いのでしゃがまないようにしている」とのこと。

しばらく整形外科に通ったが、先生が「オスグッドは成長痛だからしょうがないんだよね・・・」という話をされたので、希望が持てなくて通院を止めた。

ネットで検索したり、すすめられる整骨院や整体やカイロや鍼にも行ってみたが、どこも相性の合うところは無く、治る気配がない。

今は一昨年よりも悪くなっているので、練習を休んでいる。

施術1回目

オスグッドが発症してしまう原因について解説。

「オスグッドは筋肉疲労とか成長痛とか言われてますが、精神的な疲労からきていることもあります。電気や鍼やマッサージで改善されないのは、このためです。ですから、精神的な疲労を取る治療をしてみましょう。」と言うと、

「だいぶ前に、足が痛くなった時にマッサージをしてもらったら楽になったらしいので、マッサージの先生との相性が合えば良くなると思うんですけど。 それに精神的疲労からきているなんて言われても、子供は楽しんでサッカーをやっているので、それはないと思います。」とお母さん。

「そうですか~、でも筋肉疲労からきているのでしたら疲労が取れれば治るはずなのに未だに治ってないし、成長痛であればお医者さんが言われるように成長期が終わるまでは治らないはずですが、うちではちゃんと改善できてますよ。もし納得がいかないのでしたら、もっと他の治療院やマッサージに行ってみて、それでも治らない時にまた来院されますか?」と言うと、

「もうあちこち行きましたから・・・。ちょっとやってもらえば?」

とのこと。

ここまでで45分経過。

施術開始。

お母さんが治療を見たいとの希望でしたが、早期改善のためにご遠慮いただきました。

はじめはオスグッドの原因についての解説を理解できずにいた患者さんでしたが、次第に私の話に同調してくれるようになり、笑顔が見え始め、肩の力が抜け、会話をしてくれるようになりました。

まずはここまでの施術過程での変化を確認するために立ち上がってもらい軽い屈伸をしてもらいました。

患者さんは笑顔で一言

「楽です。」

「でしょ! これが原因なんですよ。 わかりました? だから揉んでも治らなかったんですよ。」

「ハイ」

結局1回目は屈伸ができる様になった時点で90分が経過し、時間切れで終了となりました。

次の患者さんが来ていたため、お母さんには時間切れなのでまた来ていただくように伝えただけでお帰りいただきました。

施術2回目

前回の治療前の症状には戻ってないとのこと。

「前回治療していただいてから、家に帰って子供が何度も屈伸しているのを見てビックリしました!」とお母さん。

施術開始

前回よりもさらに深いところにアプローチしていきました。

今回は施術がしやすく、短時間で終了。

屈伸・正座、問題なし。

外に出てジャンプ・ランニング・ダッシュ、問題なし。

とのことで終了!

お母さんにも見ていただき、どういう施術によって改善されたのかを説明しましたら、困惑しながらも理解していただけた様なので、良かったです。

2回かかってしまいましたが改善となった症例でした。

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR