★札幌のボキボキしないやさしい整体 ★地下鉄すすきの駅1番出口すぐ ★痛みのない施術でお子様も安心!オスグッド・有痛性外脛骨・三角骨障害・シンスプリント・腱鞘炎・腰痛・坐骨神経痛の短期改善・実績豊富。自信あります!                                                
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
お口の中潤ってますか?


5日前にドライマウスの症状で来られた患者様が再度のご来院。

患)「あれから前のように乾かないです。まだ良くなるかな?と思って・・」

話をお聞きすると、仕事中に口の中を潤していたペットボトルの水が減らなくなったそうです。

良い傾向です。
このまま行けそうですね。

それで今回は前回の続き・・と言いますか、原因に対するアプローチが全て終わってませんでしたので、前回の確認と残りについてフォローしていきます。

2回目なので患者様も要領を理解されており、施術もスムーズに進みます。


・・・・・・施術中


私)「どうでしょう?」

患)「・・ハイ、大丈夫です。潤ってます」

と、続いて

患)「これ、どれくらい潤っていれば普通なんでしょうか?」

と、予想だにしない質問が・・・。


どう答えようかな・・?などと考えながら、あることを自分で試してみて、それをそのまま伝えるこに・・・・。

 ※専門医では数種の唾液量検査法が存在いたします。

私)「自分でしたら、こうして口の中を絞るようにして唾液を全部飲み込んで・・その後 唾液を出すようにクチクチュしていると3秒程で溜ま   
   りだしますけど・・・」

すると、そのまま実行して

患)「・・うん、出てきますよ!」

という、なんとも原始的な方法で確認を終え、施術は終了。


この調子で潤っていれば大丈夫だと思います!



ありがとうございました。






痛みを取る札幌の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
スポンサーサイト
ドライマウスの症例です

20代 女性

主訴 ドライマウス(口腔乾燥症)


「1年前から口の中が乾くようになって辛いです。
 仕事中もペットボトルに入れた水が欠かせません・・・」

このドライマウスという症状。
インターネット上で展開されている解説によりますと、国内潜在患者数は800万人。

原因として考えられるものは
・加齢
・緊張やストレス
・病気治療や藥の副作用  など

治療としては、水分補給や口腔湿潤剤の使用などの対処療法の他、ガムを噛む、耳の下マッサージといったものまで色々と紹介されております。
「日々リラックスして過ごし、ストレスを溜めないように!」というものも・・・・・。
これは大変最もらしいのですが、具体的にどうすれば・・というところで、良く分からないな~・・と個人的には思います。

碧い宙の考え方としましては、この症状を引き起こしているのは「唾液腺の凍結」。
つまり、唾液腺周囲の筋肉異常によって唾液腺が狭められ、唾液が出にくくなっている状態です。

ですので解決の方法は、唾液線周囲の筋肉異常の解消です。
(筋肉異常が起きている原因を順に探っていきますので、連動ポイントは確認しますが耳の下はマッサージしません・・・。)


この日の施術結果は

「来た時よりも唾液が出てます・・口の中、潤ってます!」

とのことで、原因もご理解いただきひとまず安心。
様子を見ていただくことになりました。

今後の展開がありましたら、追って報告いたします!



ありがとうございました。






痛みを取る札幌の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
middle_1254835932[1]_convert_20120714102513

80代女性

膝痛でご来院の患者様。

ドライマウスは治らないですよね~?私ドライマウスなんですけど。」

とのこと。

「いえ、改善の可能性の無いものは書いてませんよ。 もちろん難しい場合もあるでしょうけど、ドライマウスは比較的簡単に改善できることの方が多いですけどね~。」

「え~ドライマウスは治らないでしょう!私ずっと前から治らなくて、ほらっ」

と明らかに乾いている口の中を見せてくれました。

「唾液が減少しているらしくて、食べ物が飲み込みづらくって食欲がないの。」

とのこと。

「それじゃ、膝の治療をしながらドライマウスの治療もやってみましょうね!」

施術開始。

今回の患部は両膝とドライマウスなので、当然ですが膝と口の中には触れずにすべての原因部位にアプローチ。

膝痛の原因ポイント数ヶ所とドライマウスの原因ポイント数ヶ所はほとんど同じ様な位置にあるため、ドライマウス治療を意識しなくても膝痛治療が終わったあとで確認するとドライマウスも改善できていることは少なくありません。

今回は患者さんがわかりやすいように、唾液腺の改善ポイントを施術しながら「今唾液が出ている感じはありませんか?」と聞いてみると、「そうなの、出てる感じがしてたの!出てるわ!」とのこと。

そして、膝痛の方も治療後起き上がってもらって正座したり屈伸したりしてもらって痛みがほとんど無いことを確認してもらい施術終了。

もちろん唾液もOK。

ドライマウスの原因は口の中には無く、日常生活でもドライマウスにならないようにするための心がけがあることをお伝えして終了しました。

ドライマウスは、凍結している唾液腺が解放されれば普通に唾液は出るようになるものなんです。

唾液自体が減っているわけではないんですよ。

ありがとうございました。


札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。